<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日という日は、もったいない

好い天気のGWの出だし。 

蛙の鳴き声の他、うぐいすやヒバリ、雉がけたたましく鳴く声も聞こえる。
近所の田んぼでは田植えも始まって、普段見かけない親戚の子らが苗を運ぶトラックに乗っている。



d0100095_7131611.jpg
久しぶりにデッキへ椅子を出し、ぼんやりとビール1本。






d0100095_732359.jpg


d0100095_7321768.jpg




どこぞへ出かけるのもいいけど、此処にいても行楽気分が味わえる。

ちょうど引越して、この家で4年が経ちました。
本当に良い家に住まわせてもらっていると感じています。


5月に入るので、ケンジに誕生日に何が欲しい?と聞くと
毎日幸せだから何もいらないって。 言うねぇ・・・笑





加藤哲也建築設計事務所 私たちの夢に共感してくれて、柔軟にそして専門家としてのリーダーシップで、目的地まで連れていってくれました。

田中兄弟工務所
うちは内装の細かい事は自分でやりたいと我が侭を受入れてもらって、装飾仕上げ無しだが他建築家との物件多数あり、
難しい構造の建築から、美しい造作仕事まで千葉じゃ定評のある大工さん


そして、世田谷の隣人の富佐子さんずっと並走してもらって、家作りで大切な事を考えるよう仕向けてくれました。


強力なチームに後押しされて、これからもっと手をかけていきたい。

by n_home | 2012-04-30 07:18 | 家のはなし

今日という日は、もったいない

妹の親友姉妹が、浅草にニットを中心にしたセレクトショップをひらくというので
オープン準備中を妹と訪ねていった。
周囲には浅草の老舗の店舗が立並ぶ中、そこだけ可愛らしく初々しいのが姉妹を表しているよう。


d0100095_9295331.jpg



d0100095_9283610.jpg



d0100095_9292346.jpg


d0100095_9311457.jpg





mm=ミリ
姉妹の名前のミとリを並べたネーミングだそうです。
小柄な姉妹二人並んだ姿と重なって、本人達を知る人には印象深い。


二人で、1mmでも遠くへ夢を編みつないでいってほしいと思います。
by n_home | 2012-04-28 10:09 | ひとりごと

今日という日は、もったいない


d0100095_10462681.jpg
ハックン




はるを胸に抱き上げ、背中に手を回し、頬を寄せてラジオから流れる音楽で踊る。
胸の気道がポカポカあたたまって幸せ感が湧いて来る。

つきあいがいい、はる。
by n_home | 2012-04-25 10:47 | 家族のアルバム

今日という日は、もったいない

d0100095_813739.jpg

咲ききってお仕舞い。



間もなくGWの声を聞く。 
つまり今年も、もう5ヶ月もやり過ごしてしまった。


d0100095_8224429.jpg

by n_home | 2012-04-25 08:20 | ひとりごと

今日という日は、もったいない

d0100095_1141773.jpg
裏の竹林で掘った筍


d0100095_1143139.jpg
震災支援バザーで買った茶碗



d0100095_1144074.jpg
筍ご飯



放射能の値を気にして躊躇していたが、
目の前にひょっこり先っぽを出している筍をそのまま素通りできようか、否や。

ネットで数値を確認、いわゆる長期に渡って摂取しなければ大丈夫という数値だろうか。


暮らしに陰が付きものになってしまったけれど、
採れたての若い筍の甘い風味を味わい、しばし忘れて堪能す。


ランチに作った筍と菜の花のパスタも美味しかったわ。
by n_home | 2012-04-20 14:22 | ひとりごと

今日という日は、もったいない

高齢の一人暮らしのご近所さん、
ご主人に先立たれてからずっとなんでも自分でやっていた事が、
最近足腰が弱くなって周りの人が危ないと心配するから止めたと言う。
春の嵐で屋根に降り積もった竹の葉が、トタンを腐らせると嘆いていたので
代わりに脚立を立てて履き落とした。屋根の下では、茱萸が若葉を広げている。

身長150センチも無い小さなおばあさん。こんなのこの間まで自分で屋根に上がってやってたのにと溜息。

お礼にって、焼き芋2つと庭木の花を折ってくれた。


d0100095_13571012.jpg


d0100095_13573174.jpg


d0100095_13572577.jpg




高齢のご夫婦で暮らしているもう一方のご近所さん。
いつも三輪自転車で買物に出たご主人の帰りを待ちわびて
不安げに道ばたに立っていた奥さん。
犬の散歩時にでくわすことが多くて、しばし寄添っていると
大抵、何本も向こうの道をこちらに走って来る自転車が見えて来る。
あの自転車ご主人じゃないですか?というと、奥さんは「おーい!」って声を張り上げ手を振る。
近づいて来る自転車の主も手を上げる。
それを見届けると、なんだか自分もうれしくなったもの。


奥さんが入院して、ご主人が一人暮らし。
昨日犬の散歩時に出くわす。お一人で大変ですねと声をかけると、
自分の食べるもの自分で用意しなくてどうするか…と返ってきた。
いってらっしゃい、気をつけてと言うと 
ご主人はにやりと笑って三輪自転車で買い出しに行った。
by n_home | 2012-04-20 06:28 | ひとりごと

今日という日は、もったいない

蛙が鳴くからかぁえろ。


こどもの頃、こんな唄を身近に聞きながらも
街中に住んでいたので、本当に夕暮れ時から蛙が一斉に鳴出すのを知らなかった。


d0100095_18421942.jpg


d0100095_18442193.jpg


d0100095_1840182.jpg

辺りの田んぼで一斉に蛙が騒ぎ出す





d0100095_18413272.jpg

遠くで雷も鳴いている



アトリエに居ると、蛙の声がうるさいぐらいに感じられるらしいけど
蚊の襲来も無く、暑くも寒くもなく、心地のいい時期。

私にはこの季節、夕暮れ時から風呂の窓を開けて灯を小さく絞り
降るような蛙の鳴き声を聴きながら湯にゆっくり浸かるのが最高の贅沢。
by n_home | 2012-04-17 19:11 | ひとりごと

PANTUwo

d0100095_1972032.jpg


d0100095_18592689.jpg

パンツを履いたアダムとイブ





日が暮れて辺りが暗くなって、向かいの田んぼで蛙たちが鳴いている。
夜空の月に瞳を輝かせ、いよいよ夜は更けてゆく。 目キラキラ〜☆
by n_home | 2012-04-15 18:59 | ひとりごと

今日という日は、もったいない

d0100095_1042355.jpg


d0100095_104666.jpg


d0100095_1053747.jpg




最近遊びに来てくれた男の子が、はなが随分小さくなったねと言った。(はるは大きくなったね)


はなは、10歳になって、さらに白髪が増えて身体の筋肉は随分と萎んだ。
体重も減って5キロを切るようになっている。


散歩中、「歩きたくない」とわざと駄々をこねるはなを彼が楽々抱っこした。
以前は、やっとこさはなを抱き上げてヨロヨロ歩いてた男の子。
中学生になって毎日野球部で鍛えた身体は、体幹がしっかり大地に定まっている。

生まれたばかりに抱っこさせてもらった赤ちゃんが
成長していく姿を見られるのはうれしい。


うちに遊びに来るのが、面倒に感じる年頃が来るだろうけど
またお酒を呑める頃には、思い出しておいでよ!
そういうと、素直に頷いてくれた。

はるの頭は結構重いよね・・・
by n_home | 2012-04-15 10:35 | 家族のアルバム

Dolittle

d0100095_10264063.jpg



d0100095_172463.jpg



d0100095_1712938.jpg



d0100095_10293417.jpg



d0100095_171437.jpg
ドリトル先生






子供の頃読んだのは、ドリトル先生航海記。
ちょうどその時期に映画館で見せてもらった実写版の
大きなかたつむりに乗って海を渡る映像とともに魅せられた。
当時買ってもらった本は、カラフルで子供にわかりやすい挿絵が入っていた。


古本市で見つけた文庫、ドリトル先生アフリアへ行く。シリーズの初回作品だそう。
子供の頃見た絵とは違うモノクロのペンタッチの挿絵、翻訳は井伏鱒二のもの。
この本が生まれたいきさつや、そのあたりの話を松岡正剛さんが本から抜粋紹介してくれているので割愛するが
当時石井桃子がこの本を日本で出版した当時の時代背景を初めて知った。
原文を知らないとわからないが、井伏鱒二ならではの翻訳の妙につても文中のあとがきでふれられている。
井伏鱒二にとっても唯一の翻訳作品。

作者ヒュー・ロフティングは、戦地から自分の子供達への手紙に物語を託して送ったそうだ。
戦地で動物が犠牲になることに傷ついたロフティング自身の心も慰めるための物語だったと思う。

文中の挿絵は、子供達への手紙に描き添えた作家本人によるもの。
とぼけたユーモアのあるキャラクターと見事な構図が相まって、とてもウィットに飛んでいる。
土木技師として図面作成で鍛えられたバランス感覚を思わせる。







サンテグジュペリの星の王子様のイラストもとても好き。
彼が戦地へ赴く前に書かれた作品。
子供の当時はわからなかったが、今となって読めばこれは彼の妻に宛てた物語だったとわかる。
唐突なバオバブの木やゾウを飲込んだ蛇や気位の高いバラの存在も、
同じ人生を重ねた妻へのメッセージ=暗号のようにも思う。
作家本人の挿絵は、とても情緒的でロマンチックで、やっぱりラブレターならではだと感じる。



J.R.R. トールキンのが幼い子供達が成人するまで毎年送り続けた、サンタクロースからの手紙も素晴らしい。
こちらは年月の積み重ねのある超大作だが、クリスマスらしいエンターテインメント性の高い
にぎやかで楽しいイラストが満載。先輩にその本を見せてもらって、すっかりやられてしまった。
これは映画にならないのかしら。
ドリトル先生からだいぶ脱線してしまったけど、この本はまたクリスマスの頃にまた思い出すとする。


そういえば、シートン動物記も彼自身の作画によるもの。
彼の画力の素晴らしさと、観察力故に描ける動物の姿態、躍動感。
実は素晴らしい装丁デザイン作品を知ったのも先輩と行った博物館でだったな。

by n_home | 2012-04-13 11:11 | ひとりごと


ふうふとワン子達の作ること暮らすこと


by n_home

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家のはなし
ひとりごと
新天地
ガーデニング
家族のアルバム
Works
プロフィール
風‥土
素人の畑仕事
未分類

タグ

(673)
(630)
(515)
(463)
(395)
(243)
(231)
(194)
(164)
(158)
(150)
(140)
(139)
(133)
(123)
(114)
(54)
(43)
(30)
(29)

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
フランス存在日記
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
かたん工作日記
ta-nmfarm 丹波...
日常の風景のなかに++
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
友くんのパリ蚤の市散歩
遺言
散歩のように旅
カリノ トウコ
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
ニューヨークの365日
コック家の生活 in フ...
フィレンツェ田舎生活便り2
宝もの探し
田口ランディ Offic...
糸巻きパレットガーデン
里山ガーデン
Muntkidy
nice!nice!nice!
un.regard.mo...
coupe-feti
青蓮亭日記
Bokuのtempo l...
ら・ら・ら FACTORY
小さな宝探し
marche
ぶらり散歩のPhoto
猫とベジテイション
■おお『空』見よ
UTO Products
ぶどう畑ぐらし。
岬工房日記
NO ANCHOVY, ...
海べのmasy 川べの...

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

ブログジャンル

犬
住まいとくらし

画像一覧