<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

風と共に11号



夏の終わりとともに、自分達の生活も一段落。
気分を切換える為に、大掃除をしたり、身体のメンテをしたり。

d0100095_1313642.jpg


d0100095_13131572.jpg

静かにアトリエに籠る。
気分転換には、手を動かすのが良いらしい。




d0100095_13184520.jpg




未使用だった風呂場扉の部材を削って、カッティングボード。
水場の為のものだったから、
向いてないこともないんじゃないかな。
by n_home | 2009-08-31 13:31 | Works | Comments(6)

林檎の木の下でまた会いましょう。



d0100095_15532552.jpg
名前はアルプスの乙女。



少年の好きな樹を庭へ植樹することにした。
一緒に園芸屋へ行って、彼が選んだのは小さな林檎のなる樹。
植樹を翌朝にすることにして、樹にくくる彼の名前のプレートを刻印した。
金槌を打つ力が弱く、はじめのトライは字が薄かった。

d0100095_1602313.jpg
再度挑戦、もっと力強く!神経を集中する。


d0100095_1642040.jpg



明けて早朝から猛烈な晴れ。
行く夏の最後っ屁のような猛烈さ。直径1メートルほどの穴を掘る。

d0100095_16175932.jpg


d0100095_16184766.jpg
腕に土の重さを感じながら。息を切らせながら。



d0100095_1625268.jpg
土と腐葉土を混ぜ合わせ、如雨露で何ℓも水を流し込んで完成。


一仕事終えた時には、思わずしゃがみ込んでいた。 
それでも、自分のプレートを樹にくくりつけて記念撮影。

d0100095_16343150.jpg
d0100095_16344143.jpg
眩し過ぎる太陽。 お疲れさん。



d0100095_16371832.jpg
可憐なアルプスの乙女は、酸っぱくて甘かった。
将来彼が選ぶ恋人は、そんな女の子なのかな。 笑



来年も再来年も、林檎の実がつくように・・・(こりゃ責任重大だ!?)





喰い疲れで床に眠り込む我々を「起しちゃ悪いと思って」っと
一人できちんと寝床についてくれた。
テレビもなく、DVD鑑賞はわずか30分のみ、ゲーム禁止の非常事態。
それでも、また遊びに来たいと言ってくれるんだねぇ。

by n_home | 2009-08-30 15:53 | ガーデニング | Comments(8)

もう一度夏を。

先日ショートステイしていた男の子が
夏休み最後にもう一度やって来た。
今度は、完全単身。 田舎ごっこを体験しに。


子供扱いはされたくない。 
そういう彼の自立心を尊重し、こちらの都合につきあってもらった。

d0100095_23374158.jpg
アトリエのペンキ2度塗り再開。



勇ましく始めたけれど、久しぶりの真夏日の炎天下。
ペンキ塗りは、見た目ほど優雅な作業でなく結構重労働なのだ。


d0100095_23385850.jpg
1時間もすると、疲労感を滲ませて来た。



先に彼を上がらせて、塗り残し箇所の塗装を続けた。
ほどなく、我々大人も労働による空腹を覚える。


d0100095_23522119.jpg
贅沢な昼風呂あがり。
冷蔵庫のあり合わせで、お好み焼き。じっと待つのだぞ!



d0100095_2353484.jpg

d0100095_23532128.jpg

d0100095_23543947.jpg
顔にペンキををつけたまま、がっつり食べる。



d0100095_2356925.jpg
腹がふくれたら、昼寝。 これ基本。



d0100095_23575488.jpg



外は、まだ焼け付く陽射し。 骨の髄まで、夏をしゃぶり尽くす。
by n_home | 2009-08-28 23:47 | 風‥土 | Comments(4)

上総一宮

上総国にまつられる古社の玉前神社へ。
少なくとも鎮座以来1200年以上経過していることは間違いないといわれる。



d0100095_23241178.jpg
世界最古の建築企業金剛組、総工費6億円と見積もられるの修理工事。
キャッチフレーズは「飛鳥から未来へ」。



d0100095_23315578.jpg
d0100095_2332578.jpg
黒漆塗りは珍しい。


d0100095_2330450.jpg
平成25年完了予定。



宮大工の仕事見学できたら、面白そうだ。
by n_home | 2009-08-25 23:30 | 風‥土 | Comments(6)

晩夏



d0100095_2025459.jpg
d0100095_20262129.jpg


夫の両親と海へ。
誰もいないビーチ。 海の家の従業員が入口からぼんやりと。



d0100095_20261294.jpg
d0100095_20253723.jpg
d0100095_2026223.jpg


d0100095_20262940.jpg

おしゃべりだったスピーカーも無口になった。


d0100095_20252923.jpg

おっかねぇ、波だ! そう叫びなながら海に向かう親子。



d0100095_20255478.jpg

カラカラと音をたてて回る、プロペラ飛行機。

by n_home | 2009-08-24 20:26 | 家族のアルバム | Comments(12)

トマト豊作にて


d0100095_12534535.jpg
二日間で、このボールに山盛り2杯のプチトマトが採れた。



暑い時期、野菜の日持ちが良くない。
ここはひとつ、トマトソースでも作ってみる?
なんて、気軽に手をつけたが。

トマトの湯剥き227個(多分)。 指がふやけ、首がカチカチに凝った。 
どこぞのレストランの厨房で下働きしているような気分。

d0100095_12573812.jpg


しかし苦労した割りに期待したトマトソースになっていかない。
プチトマト、種が多過ぎるのと果肉色が黄色っぽい。

d0100095_130466.jpg


漉す道具も持ってないので、路線変更。
保存食にせず、一気に食べられる料理っていえば?

d0100095_1321327.jpg
やっぱ、カレーでしょ。
イタリアからインドへ直行!



キーマカレーと、夏野菜のカレー2種。
スパイスの使い勝手で変化をつけて。
どちらも新鮮な酸味と甘みの効いたカレーになった。
野菜カレーは、冷やしてカレー風味のラタトゥーユとしても有り。


プチトマトのトマトソースは無謀だと得心。


夫が出稼ぎだと、ネタを拾うのに一苦労。
たまには私だって料理ぐらいするわよっ!って感じで
ブログに捧げる一品となりました。 はい、お粗末様でした。
by n_home | 2009-08-18 17:38 | ガーデニング | Comments(8)

ポラリ 勝手にレコメンド3


東京表参道にあるファーマーズテーブルという雑貨屋さんをご存知でしょうか。
かつては同潤会アパート3階の窓辺に、素敵なガラスの器等が見えていた。
表参道キャットストリートの入口付近に移転して既に、10年。 早い・・・。

こちらのオーナーの石川さんとは、
会社のご縁で18年ぐらい、仲良く?させていただいている。
社の中で、ハズレもんだった私を何故かよくかまって(からかって)くれたもんだった。
未だにからかわれているかのような、電話が時々かかって来る。 
元気?たいした用じゃ無いんだけどさ〜って出だしが多い。
(実際たいした用でない事が多々。笑)
そんな電話を私にくれるのは、この世で母以外に只一人なのでありがたい存在です。



今回レコメンドするのは、ご主人の石川源さんの個人的ライフワーク「ポラリ」」。
ポラロイド写真を1日1枚、スキャンして個人HPにアップするというもの。


ファーマーズテーブルのグラフィック全般、イメージ写真全て
グラフィックデザイナーの源さんのものによります。
夫婦二人三脚というより、無理に足を結ばずとも歩みを重ねられる姿に
まだ結婚に憧れを持っていた頃の私等は、かなり影響を受けたのは想像に易い。

源さんのポラロイド作品は、知る人ぞ知る
PO-LA-CO-LEからスタートしているそうです。
(詳細は、ご本人のHPへ)

で、その「ポラリ」。
ついに、ポラロイドフィルムの在庫がつきて終了となりにけり。

東京を中心とした、日々の生活の中
ご自身の足で撮った街の様子や家族や友人の1枚1枚。
ぜひぜひ、ご覧ください。 面白いですよ〜。


d0100095_1337795.jpg
源さんにポラってもらった、唯一の1枚は別荘にお邪魔した時の海岸のはな8ヵ月のショット。
海辺に建つ、ガレージ風の大人の遊び場のような別荘の印象が、
まだヒヨッ子だった夫に、しっかり焼き付けられた訳です。




今度、お会いする機会があったら、絶対サインしてもらおう。
by n_home | 2009-08-17 13:54 | ひとりごと | Comments(2)

鰯か羊か?

今日の雲のはなし。

ウィキペディアで調べると、見分けが難しいらしい。
見分け方としては、
雲のできる高さ(鰯雲の方が高い所にできる)
一つ一つの雲の大きさ(鰯雲の方が小さい。おおむね、天空上での見かけの大きさ(視角度)が1度より小さいものを巻積雲とする。)
雲の薄さ、光の透過具合(鰯雲の方が薄く、太陽の光が透けるので、影が出来ない)
などが挙げられる。

ということらしいが、さて。

鰯なら秋の気配、羊なら天変地異の前兆とか。


d0100095_19394469.jpg



d0100095_19381134.jpg
やっぱり、鰯雲かなぁ。



今年の夏は、モクモクとした入道雲をほとんど見てない。
暑いけれど、もうひとつ迫力に欠けるのはそのせいかもしれない。


d0100095_2002446.jpg
業務連絡。本日届いた薪の原木、2トン車1杯分。



d0100095_2003277.jpg



夏休みも後半、最近は日暮れが以前より早くなってますね。
by n_home | 2009-08-16 19:38 | 風‥土 | Comments(4)

お盆

終戦記念日とお盆の重なりは、勿論偶然ではあるけれど
日本人の無意識の影響はきっとあっただろう。


核家族で育ったせいか、お盆に亡くなった親族に想いを馳せる習慣は
身につかなかったし、ありがたいことに夫婦夫々の両親も元気で現役。
都心の新興住宅地では、似たような家族ばかりのせいか
お盆を思わせる風情もなかった。

ここでは、近所のホームセンターやスーパーでも
お盆の飾りや、お供えの落雁等の特設コーナーが大きなスペースを占めている。
ご近所の角地には、竹に折り紙の総飾りがついたものが立てられている。



d0100095_9281721.jpg
たまには、小犬のことを思い出そう。


初めて飼った小犬の「はな」は、わずか3ヵ月で死んだ。
先天性頭蓋骨陥没の影響で、突如てんかん発作を起し
点滴につながれ小さな身体が痙攣し続けるのを見かねて、安楽死させた。
夫は、銅で小さな骨壺を作り、彼女の骨の破片を食べた。
初めて知った、喪失感だったのかもしれない。


死んだ「はな」の代わりの思いで迎えた子に同じ名前をつけた。
はな、全く別の性格であり魂の持ち主であることは、すぐに実感した。

d0100095_9414229.jpg


d0100095_9403585.jpg




個性は、違う個性といてこそ引き立つ。
はるが来て、2匹の魅力がそれぞれに際立って。

d0100095_9471536.jpg




死んでしまった小さな「はな」は、
パグにしては、儚い表情をした子だった。
安楽死させる時には、まるで安堵しているかのように
それまで痙攣させていた身体が、診察台で静かに横たわっていたのを思い出す。
運命を知っていたのかもしれない。



たまには爺ちゃん婆ちゃんのことも思い出そう。
by n_home | 2009-08-15 09:57 | 家族のアルバム | Comments(2)

ひとり ごと


d0100095_19311939.jpg



d0100095_19314185.jpg



d0100095_193025.jpg

by n_home | 2009-08-14 19:30 | ひとりごと | Comments(2)


ふうふとワン子達の作ること暮らすこと


by n_home

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家のはなし
ひとりごと
新天地
ガーデニング
家族のアルバム
Works
プロフィール
風‥土
素人の畑仕事
未分類

タグ

(673)
(630)
(515)
(463)
(395)
(243)
(231)
(194)
(164)
(158)
(150)
(140)
(139)
(133)
(123)
(114)
(54)
(43)
(30)
(29)

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
フランス存在日記
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
かたん工作日記
ta-nmfarm 丹波...
日常の風景のなかに++
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
友くんのパリ蚤の市散歩
遺言
散歩のように旅
カリノ トウコ
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
ニューヨークの365日
コック家の生活 in フ...
フィレンツェ田舎生活便り2
宝もの探し
田口ランディ Offic...
糸巻きパレットガーデン  
里山ガーデン
Muntkidy
nice!nice!nice!
un.regard.mo...
coupe-feti
青蓮亭日記
Bokuのtempo l...
ら・ら・ら FACTORY
小さな宝探し
marche
ぶらり散歩のPhoto
猫とベジテイション
■おお『空』見よ
UTO Products
ぶどう畑ぐらし。
岬工房日記
NO ANCHOVY, ...
海べのmasy 川べの...

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

ブログジャンル

犬
住まいとくらし

画像一覧