<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

隣室から犬のいびきが聞こえて来る。

いびきは聞こえど姿は見えず。アナグマみたいに、布団に潜り込み。 
今日も暮れて行く。吾に帰るひととき。d0100095_18404112.jpg
by n_home | 2007-10-31 18:42 | 家族のアルバム | Comments(0)

フカッちゃん

d0100095_19272088.jpg


本日は、高輪にあるハンスグローエのショールームへ。
この手のショールーム、土日祝が定休日だから、少し不便である。

ショールームへ到着すると女優の深津絵里似のお嬢さんが
細かな説明案内をしてくれた。
実に滑舌も滑らか、澱みのない説明。
頭の回転も良く、こちらの質問にも素早く対応し、その場ですぐ調査し
商品セレクトの際の留意点も丁寧に教えてくれる。

ハンスグローエには3つのブランドがあり、
技術開発に重きを置いたハンスグローエと
その技術を活かしさらにデザイン性を高めたAXOR
水流マッサージを組み込んだシャワーパネルのPHARO。

世界的なプロダクトデザイナー、
フィリップスタルクのシリーズも十分に見せてもらった。
これぞ、ミニマリズムというデザイン。
こんな水栓金具がウチにあっても、使ってる人はどんな人よ〜って思っちゃうよねっと
私が呟くと、フカッちゃんは笑いながら両手を差し出し
それはお客様です!っと、絶妙なタイミングで突っ込んでくれた。
ワハハ、さすがフカッちゃん面白い。

本日はカメラを持参したが、メディアが空っぽざんした。

シャワーヘッドごとの水流を何種類も体験させてくれる。
なかなか楽しいですよ。

ちなみに、グローエでは善しにつけ悪しにつけ
ほったらかしにしてされるので、気兼ねがありません。
もちろん、カタログは気軽にいただけますから、ご安心を。

by n_home | 2007-10-29 19:40 | 家のはなし | Comments(0)

ファイヤー

台風一過。 
日中は薄着でも汗ばむ暖かさの中、
薪ストーブのショールームへ建築家さんと一緒に訪ねた。

すでに、ある程度ピックアップしている商品の性能、燃費やメンテナンス、
そして火の美しさなどの要素について説明を聞いた。
薪ストーブの世界も、機種ごとに愛好家がいて
まさに愛犬家と同様、ウチのストーブが一番かわいい!っというイメージらしい。笑
洗練された山男風の社長さんの話はとても面白かった。


せっかくなので、火を熾してもらった。 以下説明はいりませんね。

d0100095_2249840.jpg
d0100095_22495623.jpg
d0100095_22502943.jpg
d0100095_22511670.jpg
d0100095_22522913.jpg
d0100095_22525864.jpg



メラメラと燃える炎を見ていると、しばし誰もが黙り込んで見入ってしまった・・・。笑


d0100095_233551.jpg


火の立ち上がり時に少し煙がでるらしい。
屋外にでて煙突を確認。
近隣の家との距離が
かなりある立地なので
この程度の煙ならばまぁ大丈夫か。
実際近隣では、野焼きも
結構行われているし、
そのあたりはお互い様かな。
d0100095_2335244.jpg


薪は、エネルギーそのものです。
スイッチをひねれば、ある程度無尽蔵な
電気やガスとは異なり
燃やしてなくなる薪の残量を見て
怯えることもあるとか。
この世界、「薪割りせぬ者火に当たるべからず」っと
働かざるもの喰うべからず的な格言?があるとか。
さて、この薪割り・・・
私たちの日常にしっかり組み込めるのか。


機種ごとの性能のほか、メンテナンス費用、耐用年数を伺う。
ウチのように主熱源としてフル稼働すると、しっかりメンテナンスをしても
10~15年ぐらいらしい。
金額にして、一般の自動車ぐらい。 安いとはいえない、贅沢品。
私たち夫婦にとっては、今までの東京での一番の贅沢は家賃だった。
贅沢の形を変えて、豊かな気持ちにさせてくれると考えるなら・・・
自分達の背中を押してもいいんじゃないかな。


今日の打合せで、さらに機種を絞り、炉台工事(レンガ積み)は自分達でやるという条件で
再度お見積もりをお願いした。
by n_home | 2007-10-28 23:16 | 家のはなし | Comments(0)

お宅訪問

旧知のお友達が、この秋新築した家に暮らし始めた。
ひとつひとつをきめ細かく、粘り強く、思いのたけをこめて
プランニングされたお家は、彼女のブログでずっと拝見してきた。

ひと段落をついたところで、友人一同
台風の最中におじゃました。

キッチンや水周りなどの細かなプランを控えて
メジャーまで持参して意気揚々と乗り込んだ私だったが
懐かしい再会と楽しい酒宴にすっかり飲まれ(いゃ、私が呑んだんです)
食卓に落ち着いたお尻はすっかり根を落ち着かせてしまった・・・

とはいえ、飲まれる(呑む)前に、キッチンに立たせてもらい
キッチンの高さのチェックや、水栓金具の水流の出方、
IHクッキングヒーターでの調理の体験をさせてもらった。
リビングと一体型のオープンキッチンはコの字型にレイアウトされて
IHはシンクや調理器の横にはゆったりと作業スペースがある。

d0100095_21315981.jpg
火加減などは、慣れるまでに試行錯誤が必要そうだが、スペースの使い方に柔軟性がある。

d0100095_2133328.jpg
ホーローシンクは、やっぱり温かみがある。
キッチンの天板には15ミリ角のホワイトタイルがひきつめられ、愛らしくてスタイリッシュ。
水栓金具は、ウチも狙っているのと同機種。
レバーの操作もしやすく、水流操作もバッチリ。

d0100095_21323210.jpg
キッチンは彼女の個室と言ってもよいほど、
コレクションしていたカップも大切に飾られている。


他のスペースも、整備機器や照明やドアの選び方等等
一貫したセンスと遊び心があふれてて、感心しきり。

でも、お宅を訪問して感じたのは
なによりそこに暮らす人の笑顔や魅力が家を輝かすという事。
すっかりイイ気分で酔いしれてしまったのは、
そのせいだった・・・と言い訳しておこう。




d0100095_0115936.jpg
お土産もカワイイ!

by n_home | 2007-10-28 22:24 | ひとりごと | Comments(0)

本審査通過

住宅ローン本審査通過の連絡が、銀行担当者からきた。
いよいよローンの契約も目前に。

本当にこれで決めて良いかな。
by n_home | 2007-10-26 19:51 | 家のはなし | Comments(0)

兄弟

d0100095_23562532.jpg


本日グローエショールムへ、水栓金具を見に出かけた。
キッチン水栓、シャワー水栓、洗面水栓。
見るだけでなく触って、ひねって、動かして、なかなか面白かった。
水流のイメージは掴めなかったが、残念。
いずれにしても、実物に触れるのが一番です。


懸案のキッチン水栓。珍しく夫婦の好みが一致した。
d0100095_023017.jpg
ゼドラシングルレバーキッチン混合栓、ヘッドが引き出せるのだが操作性の感覚もスムーズ。
シャープで洗練され過ぎない風貌と、ステンレス製のこの鈍い光沢。
実際キッチンは清潔に保つよう努力をするが、
雰囲気はちょっと木訥としてお籠り感があるのが落着く。
さて、まだ他のメーカー品との比較がされてないし、予算の問題もあるので
まだどうなることか・・・。




シャワーヘッドも通常のスプレー(要するに水の出方)の他、マッサージやジェット等
高機能ですね〜。実際の使い心地まではわかりまんが。
d0100095_0221688.jpg


d0100095_0234927.jpg

便利なのが、ウォールバー。要するに可動式シャワーフックといえばいいか。
旦那と私で15センチの身長差。夫々使い心地の良い位置に調整できるのだ。
やっぱり機能品質に優れたものは、動きが滑らかで角度も可変式等。
高い方を買いたくなっちゃうようにできてるのね。

d0100095_0233236.jpg

サーモスタット混合栓なんて、
築39年、昭和の暮らしをしていた私たちには文明開化なのだ。
(風呂場の電気は点くまで1分かかりますから。)
シャワーの温度設定がこんなに楽にできるなんて・・・素敵。
d0100095_0323410.jpg

こちらも、デザインや操作性も、上もみればキリがなく。
そりゃ好きなのはどれ?と問われれば、自ずと高いのである。 苦笑
最終何に落着くにせよ、数十年の技術格差を越え
便利で快適な暮らしがまっていることは、マチガイナイ!!


ところで、グローエ以外に、ハンスグローエというドイツの水栓金具のメーカーが
あったのをご存知ですか?

ショールームで、建築家さんが仮でセレクトしておいてくれた商品番号を訪ねると
それはウチのラインナップでは無いですね・・・と怪訝な顔をされた。

ハンスグローエは、ハンス・グローエさんが1901年創業し、
その長男・クラウス・グローエが引き継いだ。
そして次男のフリードリッヒ・グローエが1936年に独立して創業したのがグローエ
なんと、ブラザース!!?
水栓金具版、アディダスとプーマか。 

私たちの家を建ててくれる大工さんは兄弟結束(仕事の信条で殴り合いはあるらしいけど。笑)、兄弟工務所さんです。  ビバ、ブラザーズ!!



という訳で、近日ハンスグローエのショールームへも足を運んできます。
by n_home | 2007-10-26 01:28 | 家のはなし | Comments(0)

オンザテーブル



d0100095_23254977.jpg



クライアント先の担当デザイナーさんが結婚することになり
しいては、招待状用に似顔絵を描いてくれませんかと頼まれた。
睫毛の長い麗しいお嬢さん。 初めて年齢を聞いたらまだ28歳。 初々しい〜。

まったくお仕事だけのおつきあいだけで、プライベートの事などほとんど話した事はない。
唐突の依頼に驚いたが
人生の門出に私のイラストを使ってもらえるのを幸せに思った。


ポットさん: 「カ・カ・カップさん、お・お・お・お茶を
          そ・そ・そ・注いで、い・い・い・いいですかっ?!」

カップさん: 「はい、お願いします。 砂糖は多め、甘くしてくださいね。」




先ほど描いたポットを見てたらこんな会話が浮かんで来た。
実際、なれ初めやプローズ等どうであったのかは、全く存じあげない。
来年の6月の花嫁になるらしい。 幸せな家庭を築いてくださいね。
by n_home | 2007-10-24 22:09 | ひとりごと | Comments(0)

わすれもの

鞄の中身を整理してたら、
夏休みのバケーションをバリで過ごした方からのお土産、
ウーロン茶がひょっこりでてきた。

たまにやっちゃうんですよね。 
ひどいときは、化石と化したお菓子とか。
軽い気持ちで鞄に放り込んだものが、忘れた頃に発掘される。

d0100095_153963.jpg

一人分の分量のパッケージ。なかなか可愛い2色刷プリント


まだ湿気て無いでしょう・・・。 後でお茶にすっか。
by n_home | 2007-10-24 15:01 | ひとりごと | Comments(0)

便り

父は、趣味人というタイプでは無いが
なにか始めると凝り性なところがあって、
特にテクニックを要するものが好きなようだ。
ネットスキルは私よりも先に身につけていたし、新しいフリーソフト等を
積極的にとりこんではなにやら便利になったツールを紹介してくれる。
ものぐさで何事も深く追求するのは面倒な私は、
たいがい右から左に流してしまうのだが・・・

デジタルカメラの気軽さで以前からよく旅行先の写真が送られて来たが
デジタル一眼を購入してからは、家族や(被写体はだいたい母。笑)
植物や景色の写真が添付されたメールがよく届く。

先日私がブログにアップした木漏れ日の写真に触発されたと
実家の近所の森の散策道で美しい写真を撮って送って来た。


d0100095_11202645.jpg

d0100095_11203811.jpg




  インターネット、
  予想外の父からの便り。
  こういうシーンでは、
  打てば響く感度を発揮する一方
  馬耳東風、
  人の話は聞いちゃいない・・・
  (母談話)

  てことも多いけどね。
by n_home | 2007-10-24 11:38 | 家族のアルバム | Comments(0)

買います。

d0100095_2323133.jpg

マガジンハウス出版著者:お勝手探検隊(編)
価格:1500円 (税別)
発売:2007-09-20
ISBN:978-4-8387-1809-2


クウネルの本、ずらり料理上手の台所を買うことにした。

実家でお手伝いはしてたといえど、結婚して6年本腰入れて台所に立つ日々。
不便な台所で不満をこぼしつつも、身体は慣されてしまった。
自分にとっての使い勝手といっても、結構難しい。

あさってぐらいには、セブンイレブンに届くかしら・・・便利な世の中。
これなら、田舎でも本が買える。
by n_home | 2007-10-23 02:36 | 家のはなし | Comments(0)


ふうふとワン子達の作ること暮らすこと


by n_home

カテゴリ

全体
家のはなし
ひとりごと
新天地
ガーデニング
家族のアルバム
Works
プロフィール
風‥土
素人の畑仕事
未分類

タグ

(673)
(630)
(515)
(463)
(395)
(243)
(231)
(194)
(164)
(158)
(150)
(140)
(139)
(133)
(123)
(114)
(54)
(43)
(30)
(29)

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
フランス存在日記
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
かたん工作日記
ta-nmfarm 丹波...
日常の風景のなかに++
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
友くんのパリ蚤の市散歩
遺言
散歩のように旅
カリノ トウコ
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
ニューヨークの365日
コック家の生活 in フ...
フィレンツェ田舎生活便り2
宝もの探し
田口ランディ Offic...
糸巻きパレットガーデン  
里山ガーデン
Muntkidy
nice!nice!nice!
un.regard.mo...
coupe-feti
青蓮亭日記
Bokuのtempo l...
ら・ら・ら FACTORY
小さな宝探し
marche
ぶらり散歩のPhoto
猫とベジテイション
■おお『空』見よ
UTO Products
ぶどう畑ぐらし。
岬工房日記
NO ANCHOVY, ...
海べのmasy 川べの...

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

ブログジャンル

画像一覧