カテゴリ:新天地( 86 )

今日という日は、もったいない

d0100095_08055737.jpg


d0100095_08055708.jpg



何年ぶりかな、私が猫にカメラ向けたの。



朝の犬散歩のルートで、猫の天国みたいな場所がある。
天気の良い早朝は誰かしら太陽を浴びている。

綺麗な風景にその度感動してしまうので、今日は小さなカメラを持って行った。
角を曲がるとちょうど良い場所に居てくれた。




太陽礼賛!


by n_home | 2016-07-07 08:18 | 新天地

ポートレート

d0100095_2053456.jpg

by n_home | 2011-01-19 20:53 | 新天地

腹の座った贅沢

文化祭へ訪ねたもので、結果カズさんのお宅へ急襲ということになった。
お疲れの中、kmさんも愛犬のポーちゃんを連れておつきあいくださった。


d0100095_11384211.jpg

d0100095_11351121.jpg

d0100095_11372171.jpg

d0100095_11382571.jpg

d0100095_11352443.jpg
穏やかな夕暮れ思わず歓声が口をついた。
大開口の向こうは海一面。朝陽が顔を出すのをここから眺める毎日だそうです。うひょ〜




d0100095_1135255.jpg

d0100095_11345495.jpg
決してこんな日ばかりでなく、雨風波になぶられるような日もたくさんある。
「何を選んで暮らすかということですね」と私が言うと、「この間取材に来た人もそう言うてはった。笑」とご本人は悠々。






周囲は、海の眺望を楽しむための静かな房総の別荘地。
眼下に美しく壮大な絶景とは裏腹、
海辺の切っ先に暮らすのは生易しいことでないだろう。
周辺地域には、朽ち錆びたトラックがオブジェのごとく放置されていたり。
海の脅威を知る地元の人は、そもそも家を建てないある意味「難儀な場所」である。


カズさんは当初のこの場所に古民家を移築し
暮らすつもりだったそうだが、
自然の容赦ない猛威を目の当たりにし、この地に耐えられる家を新築することを決断したそうだ。
塩害、風害、湿気、嵐には波しぶきが窓を叩き付ける…あらゆることを想定にいれ、
さらに想定外をも受け入れ。

ここで朝夕に釣や投網で魚を獲り、刺身はもちろん、干物、西京漬等の保存食を作る。
山に行っては山菜や果実を摘み、季節の料理を楽しむ。
この日も、カズさんの自給の魚料理や、クレソンや筍の野菜が
お手製の陶皿に次々盛られた。
料理やおしゃべりに夢中になり写真をすっかり忘れてしまった。
突然の訪問に、この手際のいい技ありのおもてなし。 参りました!




大らかでストレートで決断力と好奇心と心の馬力を持ち合わせた上に
お茶目で、人の懐にも気持ちよく飛び込んでくれる。
う〜ん。 
珍しく夫が素直に口にした、「ボクに無いものを全部持っている人」というのが
当てはまり過ぎて可笑しかった。

カズさんは、「ケンさんはボクに無いものを持ってはりマスやん!」っと
すかさず返事をしてくれるような人です。 参りました〜!! 



我々夫婦揃って、喧嘩している場合では無いよと…思った次第です。 
by n_home | 2010-11-04 17:47 | 新天地 | Comments(9)

人の出会い


先日、予期せぬお客様二人の訪問があった。
以前お会いしたアンチョビ作りをしているカズさんと、カズさんの陶芸を通じたご友人Kmさん
慌てふためき十分なおもてなしをできないながらも、
客人のお話を肴に楽しくひとときを過ごした。


ちょうどお二人の参加する陶芸の会が、某市主催の文化祭で出展すると知り
先日の意趣返しのつもりではないが、
気持ちよく晴れた文化の日、思いつきで会場にでかけた。



d0100095_15133012.jpg
こちらは8月に陶芸を始めたカズさんの展示初参加作品。
以前ブログで拝見していたが実物のディティールの臨場感。海からインスピレーションを得た肉感。





d0100095_15213097.jpg
アクセサリー作家であるkmさんの作品。
情緒的な感情を湧かせるフォルムに、洒落たモノトーンストライプがしっくりと落ちつく。




d0100095_15123113.jpg



題名に人とあるように、向い合う男女のカップルをイメージされている。
本当はもっと寄り添うように展示されていたのに、引き離されてしまったとか。
私はこの「間」が、大人のカップルの程よい距離かと納得していた。 
作品に作家の感性が反映されるものだが、
その解釈にも各々人の勝手な思いが反映される。





別会場では、陶芸の会員の方の器が販売されていた。
すでに終了間際に行ったので、残り少なくなっていた中から
kmさんのラスト1枚の角皿を購入した。
実はもうひとつ夫のリクエストで別の作り手の方の小鉢を買ったが、
私の思いが足りなかったのか、帰宅時に割ってしまった。 

と言う訳で、残るべくして我が家に残った角皿に、
2日ほど豚骨スープで甘辛風味に煮込んでいた牛スジと牛蒡の煮込みを盛ってみた。


d0100095_15361551.jpg
色気の足りない煮物が、ちょっと洗練された料理に見えて来る。
牛スジはとろとろ、美味くできた。


kmさんは、私がファッションに憧れ始めた80年代
多分日本人がクリエィティブなファッション作りに、
臆する事無く邁進できた贅沢な時代の現場のド直中にいらした。
若い頃の羨望の先にいらしたと思うと、やっぱり恐れ多くもあります。 
ビートルズに、ウッドストック、私たちにとっての伝説の音楽シーンも
リアルタイムで体験したことを淡々とお話になる。 う〜む



房総暮らしを選び日々を楽しむことを知る先人に出会えて
なんともうれしく新鮮な心地のこの頃。
by n_home | 2010-11-04 17:40 | 新天地 | Comments(0)

九十九里のアンチョビ


夫がSNSの千葉の薪ストーブコミュニティで時々おつきあいのあったらしい方を
お招きしたいと突然言い出した。

サーフィンのメッカ太東の海の側に移住されて十数年。
趣味の投網が高じて、アンチョビを作っているらしいと聞くが
説明ベタの夫のこと、話の流れもなんじゃらほい?のまま
私自身は要を得ないままとにかく「はじめまして」ということになった。

身体の大きな男気のありそうな坊主頭、快活な関西弁のアクセントの話しぶりは
年齢的にもどことなく「清原」を思い起こす。
同じく坊主頭の夫とふたり、「俺ら完全旧日本兵ってかんじですね」。
確かに、さわやかな高校球児にはとうてい見えない。

ご近所の薪ストーブ仲間のSさんも交えて、初対面ながら宴は楽しくお開きになった。

お土産にいただいた、件のアンチョビとアンチョビドレッシング
本日ランチにごちそうになった。


d0100095_11424498.jpg
クセの少ない食べやすさ。子どもでも喜んで食べそう。


d0100095_11434968.jpg
アンチョビとキャベツのパスタ。オリーブオイルとの相性でまろやかに。
先日フォカッチャに微塵にした小片をトッピングして焼いたのも、食事によく合った。



私も移住してきて、密かに感じていた事だが
豊かな自然の食材に恵まれている割に、ご当地ならではの料理や産物などが少ない。
もちろん新鮮でそのまま手を凝らずに食べて美味しいし、
年中通じて季節ごとに自然の恵みがあるからだが。

九十九里のアンチョビ作り!そんな心意気に、
応援したい気持ちが湧くのも移住者のシンパシーだろうか。

これから、さらに商品開発していくとのこと。
陰ながら期待してます。



d0100095_1143785.jpg
九十九里で釣ったセグロイワシのアンチョビソースでパグが釣れた。



なんかなぁ〜、私も茂原でピーナツバターでも挑戦しようかな〜。 ハハハ、ウソウソ。


瓢箪から駒ってことも・・・? 無〜いナ〜イ!
by n_home | 2010-07-13 11:40 | 新天地 | Comments(21)

ネギ畑


d0100095_1617213.jpg
今朝は、珍しくうっすらと雪。



d0100095_1618247.jpg
それでも午前中には消え、いつも通り。



うちの前の田んぼの向こうでネギの収穫。
獲ったばかりの泥付きネギを届けてくれた。

d0100095_1619849.jpg



今日は寒いから、ネギをいっぱい食べて温まって下さいよと。
太いものは、直系で25ミリぐらい。
ネギの香りがプンプンと。
by n_home | 2010-02-04 16:21 | 新天地 | Comments(10)

2009年ファイナル



d0100095_14465426.jpg
d0100095_1447635.jpg



なにげなく向けるカメラのフレームの中。
どこを向けても、今年の初めには無かったものばかり。

目標や理想がずっと先にあり過ぎて、
一歩一歩の前進を素直に喜ぶ事ができなかった。
過程に甘んじてはいけないけど、過小評価も長い道のりを行くのに
意気消沈するばかりで、なにも良いことはない。

黙々と身体を動かした彼の成果を
1年の終わりにじっくり味わいつつ、私達のフィールドをぐるりと回る。
活動の場を得た事を感謝して。
きっと「いいこと」の植樹は、成功しているはず。

来年は、もっと喜び噛みしめてながら自然と変わっていくことを楽しみたい。


それぞれの方にとっても、変化の多い2009年だったと思います。
来年どんな年に? お互いがんばりましょう。

良いお正月をお過ごしください。
by n_home | 2009-12-31 14:48 | 新天地 | Comments(8)

結界


d0100095_746810.jpg




d0100095_7474757.jpg



はじめて今暮らす土地を見に行った時。
トンネルの中でなにかまじないをかけられた気分だった。


d0100095_7501243.jpg



「運命の遭遇」まで、すでにお膳立てはできていた。
by n_home | 2009-08-09 07:57 | 新天地 | Comments(8)

長生の石釜パン

ブログ上でいつも拝見している woodstoveさんこと
鉄ストーブ等のアイアン作家三河屋しょうすけさんの手がけた仕事先のパン屋さん
偶然にも我が家から意外と近いと事を知り、車で訪ねてみました。


お店に到着し、事情を話すと快く中の石釜を見せて下さった。

d0100095_220525.jpg
2,000個もの煉瓦をオーナーご自身で設計し積み上げた、力作の石釜。


d0100095_2214243.jpg
ネット上で拝見したものが目の前に。
夜中の2〜3時頃から薪を焚き、朝5時頃には窯の火を落とすそうだが
近寄ると夕方の時点でまだ熱い。


d0100095_2261869.jpg
看板もwoodstoveさん作。鉄の存在感というのは、強い説得力がある。
内外装の演出、什器、オーナーさん自らの手作り。
カインズホームへ通いつめたとのお話しに、俄然親近感。 笑


窯好きが嵩じてパンにハマったとおっしゃる、
まさに焔に魅せられ、焔を操り、パンを焼き上げる。
タマゴが先か鶏が先かの論議は、意味がない。


d0100095_221207.jpg
肝心のパンをご紹介せねば。
天然酵母パンはじめ バラエティな顔が揃っています。


長生の里山に囲まれた気持ちの好い場所です。
外ではヒグラシの合唱が聞こえていた。
by n_home | 2009-07-19 22:18 | 新天地 | Comments(10)

今日の素敵!


d0100095_1853154.jpg
今年初めてのアゲハ飛翔。
キャットミントの花の蜜を吸いに来た。





d0100095_18541215.jpg
d0100095_18544334.jpg
今年は倍増!? ピーナツ自生…というか半自生。
去年自生したピーナッツの実をそのまま土に残しておいたのだ。





d0100095_185721100.jpg
うちの前の田んぼに水がはられた。



近くの田んぼでは、今日田植えが行われていた。
もうすぐ初夏がやって来る。
by n_home | 2009-04-23 19:01 | 新天地 | Comments(4)


ふうふとワン子達の作ること暮らすこと


by n_home

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家のはなし
ひとりごと
新天地
ガーデニング
家族のアルバム
Works
プロフィール
風‥土
素人の畑仕事
未分類

タグ

(673)
(630)
(515)
(463)
(395)
(243)
(231)
(194)
(164)
(158)
(150)
(140)
(139)
(133)
(123)
(114)
(54)
(43)
(30)
(29)

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
フランス存在日記
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
かたん工作日記
ta-nmfarm 丹波...
日常の風景のなかに++
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
友くんのパリ蚤の市散歩
遺言
散歩のように旅
カリノ トウコ
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
ニューヨークの365日
コック家の生活 in フ...
フィレンツェ田舎生活便り2
宝もの探し
田口ランディ Offic...
糸巻きパレットガーデン
里山ガーデン
Muntkidy
nice!nice!nice!
un.regard.mo...
coupe-feti
青蓮亭日記
Bokuのtempo l...
ら・ら・ら FACTORY
小さな宝探し
marche
ぶらり散歩のPhoto
猫とベジテイション
■おお『空』見よ
UTO Products
ぶどう畑ぐらし。
岬工房日記
NO ANCHOVY, ...
海べのmasy 川べの...

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

ブログジャンル

犬
住まいとくらし

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30