ミモザ咲く


d0100095_13574886.jpg

d0100095_13575723.jpg
昨年植えたミモザが一回り大きくなった。



豪雨上がりの曇天を背景に、鮮やかな黄色がほころびだした。
海に近い平地地帯、強い風になぶられても負けなかった蕾が日の目を見る。
3月8日は、女性礼参の日だそうで。
イタリアでは、男性が女性にミモザを贈るそうですね。
満開のピークは、そのあたりになるかな。



ミモザだけでなく、庭の彼方此方に春をがぽつりぽつりと姿を表し始めた。
小さな梅には、元気な白い花。 
今年の桃は寒に勝てず、暖かくなったら南庭に移動。
ポップコーン椿も、ついた蕾は途中で枯れた。
モクレンやハナミズキの蕾は順調。桜にも蕾み?とおぼしきものが。
林檎にもまだ堅いながら新芽。
その後につづく、利休梅、小手鞠にも花芽がついている。

昨年造園屋さんに植えてもらった木々は、
まだこの土地に馴染めないのか勢いを感じられない。 
コブシの木にいたっては、かろうじて根元に出て来た幼い枝に新芽。
苦労した自力で植えた針葉樹も半分は駄目かもしれない。
毒を恐れた夾竹桃も、まだ生死の境をさまようような感じ。

それでも春は来ている。


d0100095_13582858.jpg
鉢植えの紫陽花、墨田の花火に新芽。


d0100095_1494477.jpg
一方、軒下で霜を逃れたヒメツルソバは、花の勢いを増す。



d0100095_1412454.jpg
忙しくて手がつけられなかったジャガイモ植え付けの準備。
野菜の連作障害をチェックし、わずかばかりの畑スペースのやり繰りを立てる。


d0100095_14155441.jpg


ストーブシーズンもせいぜいあとひと月弱ぐらいだろうか。
薪のストック状態は充実、来シーズンの心配はひとまず無し。
人が人を呼ぶように、薪が薪を呼ぶようになってきた。
なんの当ても保証も無いのだけれど、
何かの流れができるのはこんな感じなんだろう。



こんな気分でいつも読む
アンティークショップ店主のブログ過去分を辿っていたら、いたく響く記事
自分の行動を正当化するのは愚かだけれど、
やはり何か心に頼りとするものが欲しいのは確か。

by n_home | 2010-02-27 14:20 | ガーデニング | Comments(14)
Commented by sa55z at 2010-02-27 15:12
しかしこれだけの巻きを人力で割り出すっていうところに脱帽です。
Commented by n_home at 2010-02-27 15:29
sa55zさん

この間のお試し用の薪は、はっきりいって堅過ぎでしたね。
あんなのばかりではないんですよ。

でもほぼ一人でやり抜いているのは、エラカッタ!です。 
薪の必要性も自ずとプレゼンテーションできて、
原木もお声がかかるようになりました。
Commented by こりつ at 2010-02-27 16:44 x
ミモザがこんもり咲いている風景って素敵ですよね。
もしも将来庭のひろ〜いおうちが自分のものになるなら
ミモザの木を植えてみたいな〜なんて
密かに思っているのです。
庭や薪の充実ぶりが「育んでいる」証ですね。
Commented by nezuco at 2010-02-27 17:07 x
春は芽吹きや花を楽しめますね。
うちは日当たり悪いので花ものはほとんどだめですがそれなりに適応する力のあるものが生き残っています。
植物の世界は静かなようでけっこうハードな世界だなあと思ったり。
勢力争いもあるし。(笑I
Commented by n_home at 2010-02-28 00:18
こりつさん

ミモザは結構大きくなるのが早いらしいです。
葉っぱも年中グリーンで、冬の間も楽しませてくれます。
庭全体こんもり豊かになるには、まだまだですが
植物の生命力を引き出せるよう、あれこれ腐心しています。
Commented by n_home at 2010-02-28 00:26
nezucoさん

本当に、元気な芽吹きは勇気をもらえます。
桃が去年はちゃんと咲いてくれたんですが…。
植え替えてケアし直してみようと思います。

植物も適応したものが残って、
それなりに世界を作って行くんですね。
なるようになる庭の姿を見守りつつ、
人間の手でできることは、やってみたいと思います。
当面は、根をはびこらせる雑草との闘いと
腐葉土鋤き込み作戦です。
先日久しぶりにやっただけで、筋肉痛です。 笑
Commented by nucky at 2010-03-01 16:11 x
凄いですね。来シーズンは思いっきり焚けるし、いい具合に完走して綺麗な炎が楽しめそうですね。

私はこの1年さぼりすぎて薪がほとんど底をついてしまいました。
割らないと遊びに行く許可がでません。とほほほ・・・

薪だけでなくこの1年間随分植物が増えましたね。何年かするとこんもりした森のようになったりして。

そうそう木材チップも取りに行かなければいけませんね。
Commented by n_home at 2010-03-01 19:08
nuckyさん

はじめの一歩を踏み出せたのは、nucky さんのおかげです。
薪は大丈夫ですか? 
まだしばらく、薪無しでは過ごせません。
奥様のために、がんばって割って下さい! 

植樹は御陰さまで、随分とやるました。
どれほどの樹が根付いてくれるかまだわかりませんが
こんもりとした庭を目指して、土の手入れを
がんばろうと思います。

木材チップもあれですが、また飲み会しましょう。
Commented by たむたむ at 2010-03-02 09:30 x
ミモザきれいだね~~!!
砂糖漬けのお菓子の材料に使用されてましたね。
今は見かけなくなったなあ。

梅の香りに春を感じますね。
それからアジサイも芽をだしたのね。
うちの鉢もチェックします~~。
Commented by n_home at 2010-03-02 10:05
たむたむちゃん

うちの庭では、ミモザが一番早く春を告げてくれるみたい。
大きくなると素晴らしいのよね。

ここのお宅の樹みたいに大きくなるのを夢見て・・・
http://ynagaiki.exblog.jp/13845283/
Commented by casadejacaranda at 2010-03-02 22:53
おひさしぶりです~。春はそこまで、ですね☆ 

ミモザ、我が家のパールアカシアもレモンイエローのポンポン
が、かわいく咲き始めました。
先日、チューベローズの球根を購入。 うまく咲くといいな。
n-homeさんちのお庭にはおっきくなるほうのミモザ すっごく似合うんだろうなぁ~。
Commented by vivihamu at 2010-03-03 19:32
や~っぱり 暖かさがだんぜん違うんだぁ~
n家と我が家。当たり前か~
ミモザは 大木になりますからね~ 羨ましい。
薪がた~っぷり!いいご近所さんがたくさんいますね!
これもn家のお人柄ですね☆
Commented by n_home at 2010-03-06 15:19
vivihamuさん

お返事が遅れてすいません。

千葉でも場所によりけりですが、ここは比較的暖かく
春の訪れも早いようです。
もうカエルも鳴いてるし、つくしもでてます。

うちのご近所さんは、かなり少ないんですが(笑)
どなたも良い方ばかりです。ラッキーです。
Commented by n_home at 2010-03-06 15:30
casadejacarandaさん

お久しぶりです。
コメント見落としてしまって、返事がおくれてしまいました。
失礼の程ごめんなさい。

casadejacarandaさんの庭は、ほんとに優しくて
愛らしい佇まいで、花々も一層ひきたちますね。
うちは、広さに技量がおいつかず
野暮で大雑把な庭ですが、いずれ植物自体が
自然に本来の姿になっていってくれるのに、頼るつもりです。笑


ふうふとワン子達の作ること暮らすこと


by n_home

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家のはなし
ひとりごと
新天地
ガーデニング
家族のアルバム
Works
プロフィール
風‥土
素人の畑仕事
未分類

タグ

(673)
(630)
(515)
(463)
(395)
(243)
(231)
(194)
(164)
(158)
(150)
(140)
(139)
(133)
(123)
(114)
(54)
(43)
(30)
(29)

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
フランス存在日記
きままなクラウディア
ばーさんがじーさんに作る食卓
かたん工作日記
ta-nmfarm 丹波...
日常の風景のなかに++
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
友くんのパリ蚤の市散歩
遺言
散歩のように旅
カリノ トウコ
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
ニューヨークの365日
コック家の生活 in フ...
フィレンツェ田舎生活便り2
宝もの探し
田口ランディ Offic...
糸巻きパレットガーデン
里山ガーデン
Muntkidy
nice!nice!nice!
un.regard.mo...
coupe-feti
青蓮亭日記
Bokuのtempo l...
ら・ら・ら FACTORY
小さな宝探し
marche
ぶらり散歩のPhoto
猫とベジテイション
■おお『空』見よ
UTO Products
ぶどう畑ぐらし。
岬工房日記
NO ANCHOVY, ...
海べのmasy 川べの...

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

ブログジャンル

犬
住まいとくらし

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30